おすすめのホラー小説。怖さレベル付き

2022年5月27日

オススメのホラー小説

オススメのホラー(恐怖)小説をご紹介します。ホラーが少し苦手という人は怖さレベルが付いてますので参考にしてみてください。

  • レベル1.それほど怖くない。ホラー初心者にもお勧め
  • ★★レベル2.ちょっと怖い。ホラー初心者もなんとか読めそう
  • ★★★レベル3.まあまあ怖い。ホラー初心者には厳しいかも
  • ★★★★結構怖い。ホラーが好きな人向け

※怖さの感覚は人によって全然違いますので、目安として参考にしてください

「天帝妖狐」乙一

怖さレベル:

天帝妖狐
《あらすじ》を見る

こっくりさんで起こった物語

「こっくりさん」をキッカケに起こった出来事を描いたストーリーです。
こっくりさんは、昔からある心霊話なので知っている人も多く、すんなりと小説の世界観が入ってきます。冒頭は1人の女性に宛てた手紙から始まりますが、読み進めていくと、この手紙の意味が次々とわかってきて、もう1度この手紙を読み返してしまいました。(30代女性)

「ぼっけえ、きょうてえ」岩井志麻子

怖さレベル:

ぼっけえ、きょうてえ
《あらすじ》を見る

人間が一番きょうてえ

岩井志麻子さんと言えば、ヒョウ柄の着ぐるみに身を包んで下ネタを連発する、変わった女性タレントと認識されている方もおられるかもしれませんが、本業は作家です。
そして、この作品は日本ホラー大賞、山本周五郎賞も受賞した岩井志麻子さんの代表作です。妖怪や幽霊が出てくるホラーというよりは、人間の悲しさを表した怖い話です。
結局、何者より生きている人間が一番怖い!明治の岡山のねっとりしっとりとした湿度と閉塞感を感じながら、綴られている岡山弁に酔いしれながら読んで欲しいです。(40代女性)

「玩具修理者」小林泰三

怖さレベル:

玩具修理者
《あらすじ》を見る

生物と無生物の違いを考えさせられる、グロテスク系ホラー小説

この話には幽霊や呪いなどはでてきません。ただ、何でも直すことができるという得体の知れない人物と、得体の知れない彼の家で行われる不条理な出来事がジワジワと恐怖をあおります。それを目撃した子供目線での観察による回顧話としてストーリーが進んでゆくので、良く分からないことも受け入れてしまう子供の残酷な無邪気さと、つじつまの合わない気持ち悪さとを感じながら一気に読んでしまった作品でした。(40代女性)

「向日葵の咲かない夏」道尾秀介

怖さレベル:★★

向日葵の咲かない夏
《あらすじ》を見る

じわじわと迫りくる違和感

級友の”Sくん”が首つり自殺をしているところを偶然発見してしまった”ぼく”。しかし、忽然と死体は消え、Sくんは蜘蛛の姿になってぼくの元に現れる。消えた死体の謎を探すため、ぼくとSくんと妹で謎を解いていくが…読んでいくにつれ少しずつ感じる違和感と、衝撃の結末にぞわぞわします。奇妙な感覚になる一冊です。(20代女性)

「向日葵の咲かない夏」の関連テーマ

「パラサイト・イブ」瀬名秀明

怖さレベル:★★

パラサイト・イヴ
《あらすじ》を見る

ミトコンドリアが意志を持つホラーストーリー

現代のコロナパンデミックは、オリジナルのコロナ株から、どんどん新しい株が派生していきました。それはまるでコロナ株が意志を持っているかのようです。パラサイトイブは、本来なら単なる人間の細胞の1つであるミトコンドリアが意志を持ち、増殖し、人間界をおびやかすという小説です。目に見えないミトコンドリアがひたひたと人格を形成していく姿が恐ろしいです。この小説は日本ホラー小説大賞を受賞しています。(40代女性)

「姑獲鳥の夏」京極夏彦

怖さレベル:★★

姑獲鳥の夏
《あらすじ》を見る

人の本質は昔から変わらない。

日本の夏の湿度を作品から感じられます。現実に起こる奇妙な事件との落とし所を拝み屋である京極堂が日本の妖怪の話を交えながら解決へと導きます。空想上の妖怪も元は人間を風刺した物もあります。登場人物も個性豊かで、京極堂シリーズ一作目である姑獲鳥の夏から後の作品まで関係している部分も伏線で出てくる所も作品のクオリティが素晴らしいと思います。(40代女性)

「姑獲鳥の夏」関連テーマ

「黒いピラミッド 聖東大学シークレット・ファイル」福士俊哉

怖さレベル:★★

黒いピラミッド
《あらすじ》を見る

エジプトの呪いから始まるホラー

古代エジプトの謎の遺物を手に入れた事で呪いにかかり惨事が起きていく少しオカルト要素の入ったホラー小説です。主人公がその謎に迫るのですが前半後半と分かれており前半は日本での話。後半はエジプトでの話になっています。特に後半はどんどん面白くなっていきエジプトの呪いより更にスケールの大きい話になっていきます。SFとホラーが合わさった面白い作品です。(30代女性)

「残穢」小野不由美

怖さレベル:★★

残穢
《あらすじ》を見る

残った穢れの正体を探すリアリティあるホラー

普通のホラーだと、幽霊が出て来て…その呪いを解くために、スポットなんかに行って…お祓いをして、怖い目にあって…という流れだと思います。しかしこのお話は、どうしてそこで「出来事」が起こるのか。それを解明していくお話になります。じわじわと煽ってくる恐怖感は、とても身近なものに感じられて、最高の盛り上がりどころがないのに、ずっと不快感のような、気持ちの悪い怖さが付きまとうのが個人的には好きでした。(30代女性)