【2022年11月版】Amazonプライムビデオおすすめの邦画15選

Amazonプライムビデオおすすめ邦画

2022年11月7日現在でAmazonプライム会員がプライムビデオ見放題で無料で見ることが出来るオススメの邦画15作品をご紹介します。

海街diary

海街diary
《あらすじ》を見る

鎌倉で暮らすことになった四姉妹の絆を描いた物語

十五年前に家族を捨てた父の訃報が三姉妹に届いた。三姉妹から父親を奪った女の子供であるすずと葬式で出会った長女は、彼女の生活環境を見て一緒に鎌倉で暮らすことを提案する。四姉妹の鎌倉での生活が始まる─。

父親との記憶がハッキリしているが故に父を許せないと感じる長女と、父親の記憶がないのでさっぱりとしている三女との対比がリアルだなと感じました。外野から見ると、みんな長女のような考えになるんだろうなと勝手に想像してしまっていたので、三女の「あたしお父さんのことあんまり覚えてないんだよね?」という言葉にハッとさせられました。
個人的には次女が一番色々と察していかなければと気を遣う立場だったのではないかと思って見ていました。末っ子のすずちゃんの笑顔の眩しさに心温まりつつも、心のうちに抱え込んでいる心情を吐露するシーンは胸が締め付けられそうになりました。
広瀬すずさんの新人の頃の透明感が役柄にピッタリとハマっていて、この役は彼女以外にはできない、彼女がキャスティングで良かったと心から思いました。鎌倉の美しい風景や美味しそうな食事シーンなども見応えがあり、最後にはとても心が穏やかになる映画でした。(30代女性)

「海街diary」の関連テーマ

DESTINY 鎌倉ものがたり

DESTINY 鎌倉ものがたり
《あらすじ》を見る

鎌倉妖怪異譚の恋愛物語

鎌倉が舞台の、妖怪などが出てくるファンタジー作品です。
監督が「ALWAYS三丁目の夕日」の山崎貴監督と聞いて公開初日に観に行きました。山崎貴監督の得意なCGが美しく、そして臨場感があり、映画館で観て正解だと思いました。
この作品は新婚夫婦が鎌倉の家に住み始めるところから始まるのですが、夫役の堺雅人さん、妻役の高畑充希さんがとても仲睦まじい演技をされていてほっこりします。(30代女性)

「DESTINY 鎌倉ものがたり」の関連テーマ

鍵泥棒のメソッド

鍵泥棒のメソッド
《あらすじ》を見る

複雑に絡まるふたりの男性の人生

香川照之さんは天才的な殺し屋の役です。殺しの依頼人にも誰にも顔を知られず、ひっそりと役目を果たして大金を手に入れ、生活をしています。一番面白い展開は、そんな香川さんが転倒したことから記憶をなくし、ある貧乏役者と身分が入れ替わってしまう点です。
自分が貧乏な役者だと勘違いして生活していく様が、非常に面白かったです。記憶を取り戻したときの香川さんの演技も迫力がありました。(20代女性)

「鍵泥棒のメソッド」の関連テーマ

キャラクター

キャラクター
《あらすじ》を見る

最後まで目が離せないサスペンス

売れない漫画家の主人公はある日殺人事件を目撃し、その光景や犯人の顔が頭から離れず見たものをそのまま自分の漫画の題材にしてしまいます。
自分の漫画で殺人事件を描くたびに犯人による同様の事件が起こってしまいますが、売れることへの快感を忘れられず描き続けてしまいます。辞めなければいけないのに辞められな状態と犯人を操っているようで操られている状況にとてもハラハラします。
最後まで衝撃が収まらず一秒たりとも目が離せない作品です。(20代女性)

「キャラクター」の関連テーマ

劇場版「奥様は、取り扱い注意」

劇場版「奥様は、取り扱い注意」
《あらすじ》を見る

公安警察の夫と伝説の元特殊工作員の妻のドタバタ劇

テレビ放送で衝撃的な展開で終わった後の話になるのが劇場版です。
劇場版では海沿いの小さな地方都市の「珠海市」が舞台になります。ここでなぜか綾瀬はるか演じる伊佐山菜美が別名の桜井久実として夫の西島秀俊が演じる伊佐山勇輝が別名の桜井裕司として夫婦生活を送っていたことに最初は戸惑っていましたが、その訳が分かってくるまで中々物語にはまっていきませんでした。
しかし、その訳が分かってくるとしだいに物語にのめり込むことができました。後半はアクションシーンもあって、終盤はあっと驚く展開もあって最後まで飽きずに観ることができました。(40代男性)

ちょっと思い出しただけ

ちょっと思い出しただけ

7月26日は佐伯照生の誕生日だ。2021年の7月26日から始まるこの物語は、1年ずつ同じ日を遡り、別れてしまった男と女の“終わりから始まり”の6年間を描いている。怪我でダンサーの道を諦めた照生(てるお)と、タクシードライバーの葉(よう)。2人が過ごした1日は、特別の日だった時もあれば、そうでない時もあった。なんでもない、だけど二度と戻れない愛しい日々を“ちょっと思い出しただけ”…。

もう戻れない恋を慈しむ物語

タイトル通り、過去に恋愛関係にあったカップルが出会いの日を思い返す作品です。
時間を遡りながら物語が展開をしています。交際する中で言い合いをしたり、愛し合ったりする描写が自然で、恋愛あるある的な要素もありました。ただ、別れてしまっている二人ではあるので、作品は静かな切なさを纏ったような雰囲気が続きます。自分の過去の恋愛をつい想起してしまうような映画でした。(30代女性)

「ちょっと思い出しただけ」の関連テーマ

今夜、ロマンス劇場で

今夜、ロマンス劇場で
《あらすじ》を見る

切ないけど明るくてキラキラのラブファンタジー

綾瀬はるかさんが圧倒的にかわいくて、どんなにわがままでも意地っ張りでも・・・許す!!と言わずにはいられない説得力があり、坂口健太郎さんの振り回されっぷりにとても共感できました。
コメディな雰囲気がしっかりとありながら中盤からはぐっとせつなく、クライマックスにも一ひねりあったりと、観終わったあとにとてもいい気分になれる作品です。(30代女性)

マスカレード・ホテル

マスカレード・ホテル
《あらすじ》を見る

警察とホテル、プロの仕事が光る推理映画

ホテルマンって、どれほど沢山のスキルを求められる仕事なんだろうと感心しました!誇り高く仕事をこなしているフロントを長澤まさみさんが生き生きと演じていて、とても魅力的でした。潜入捜査をする事になった木村拓哉さんとの良い相棒になっていく様子も自然で良かったです。
訪れるお客様達も、高嶋政宏さん、前田敦子さん、菜々緒さん、生瀬勝久さん等々豪華なメンバーで最後まで見応えたっぷり!どの人が事件に関係しているのだろうと、自分なりの推理も楽しめました。老若男女楽しめる娯楽映画だと思います。(50代女性)

空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ

<あらすじ>
ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”―。果たしてそれは事故なのか、事件なのか。

諦めない男の不屈の精神に魅了されます

運送会社に巻き起こった「整備不良」の問題と、巻き込まれた人の事故死を大きなテーマとして、その運送会社の社長がどう解決していくのか、とても見ごたえのある展開でした。巨大企業を相手取って、一会社社長がへこたれたり悩んだりする中でも、少しずつ勝機を見つけて地道に進んで行くのが面白かったです。長瀬智也さんの演技が素晴らしかったです。(50代女性)

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

<あらすじ>
惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者・湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事件の裏にいるのではないかと推理するが……。

何によって人は他人に尽くすのかを考えさせられる作品

ドラマで人気を博した福山雅治主演のガリレオシリーズ劇場版の第一弾であり、東野圭吾原作らしく論理的で緻密な犯罪の組み立てや、そこにある人間の情が美しく、魅力的な作品でした。
タイトルにもある「献身」が物語の大きなテーマとなっており、特に後半における石神の変心にも見える行動が切なく、心打たれました。
罪を犯すことは決して許されないことではありますが、一人の人間にそこまでさせるものは何なのか、深く考えさせられます。(30代男性)

死役所

死役所

<あらすじ>
此岸と彼岸の境界に存在する、市役所ならぬ「シ役所」。自殺、他殺、病死、事故死など、ありとあらゆる死者が訪れ、自分の死の手続きをしていく。死を通して、生きることと向き合う衝撃作!

死んだ後の手続きとそれぞれの事情

いろんな事情で亡くなった人が行く役所のような場所で、それぞれが持つ事情によっていろんなストーリーが展開してい方がとても面白いです。
死んだ後自分はどうなるのか、悲しいけど誰もが一度は考えたことがあるテーマでそれを明るく少しクスッと笑えるような内容になっている部分もあり、死に対してマイナスなイメージばかりではなくなりました。(20代女性)

地獄の花園

地獄の花園

<あらすじ>
花園のようにも見える華やかなOLたちの職場。そこでは実は地獄のような派閥争いが行われている……。素敵なOLライフを夢見る普通のOL直子(永野芽郁)の職場にカリスマヤンキーOL・蘭(広瀬アリス)が中途採用されたことをきっかけに、全国のOL達から直子の会社は狙われることに。地上最強OLの座をかけた戦国時代の幕があがる中、果たして直子は素敵なOLライフを掴み取れるのか!?

豪華絢爛な女子バトル

豪華な俳優陣がバリバリのヤンキーになりきっているところだけでも、おもしろかったです。ストーリーも、最初の設定からのどんでん返しがありで、なるほど、やられた~、と思いました。
完璧にOL業務をこなしながら、会社での勢力争いで体張ってケンカをしている、あり得ない設定ですが、そのギャップが最高に格好よかったです。
家事やワンオペ育児で、真逆な世界にいる私ですが、真逆だからこそ別世界の物語に入って、ストレス発散できました。(40代女性)

テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ

<あらすじ>
時は古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場でタイムスリップしてしまう。たどり着いた場所は、何と現代日本の銭湯!? そこで出会ったのは真美(上戸彩)ら“平たい顔族=日本人”。彼らの風呂文化に驚愕したルシウスが、その文化をローマに持ち帰り再現すると、たちまち評判になるが、次第にローマ帝国の運命に深くかかわることに…

やさしいローマのタイムスリップ映画

続編ものです。主役が阿部寛さんで、この映画のはまり役だと思えます。風呂に入るシーンでの阿部さんならではの「肉体美」、セリフ回しがうまいトーク。ともにローマ人をテーマにかかげた人間味ある演技が見ものです。よくあるこむずかしい時代スリップのストーリーとは違い、今昔の背景をうまく描写している映画ではないかと思います。(50代男性)

「テルマエ・ロマエ」の関連テーマ

東京リベンジャーズ

東京リベンジャーズ
《あらすじ》を見る

忘れかけている友情物語

マンガのファンなので期待を裏切られるのではないかと思っていましたが、思っていたより配役が(学生設定であるのは除いて)合っていたと思うので、すんなり観ることができました。
漫画のより深い心情に訴えかけるようなところは、映画では時間が足りないので厳しいと思いますが、もう少し表現できていたら良かったのと思います。個人的にはドラケンくんが思っていたより良くて嬉しかったです。(40代女性)

魔女の宅急便

魔女の宅急便

<あらすじ>
魔女の血を引く少女キキは13歳になり、一人前の魔女になるための決まりに従い、黒猫のジジとほうきに乗って旅に出る。やがて辿り着いた海辺の町コリコでキキを待ち受けていたのは、パン屋の女将・おソノや、空をとぶことを夢見る少年・とんぼら、個性豊かな住人たち。キキはおソノのもとに居候し、お届け物屋「魔女の宅急便」を始めるのだが…。

可愛い魔女の冒険物語

ジブリの実写化された映画です。内容は誰しも知っているはずなのに、見ていてドキドキしたり、きゅんとしたり、もう可愛らしいの一言です。
配役も原作によく似ていて、なるほどこの人が演じるのか、と見ていて楽しくなりました。
後味がよいので、スッキリしたい気分の時に見ると、とても気分よく、いい映画だと思いました。(30代女性)

Amazonプライムビデオ関連テーマ