『密室』の謎に挑め! 密室トリックが面白いミステリー小説13選

2022年7月4日

おすすめ『密室』ミステリー小説

ミステリー小説のなかでも『密室トリック』が使われていている面白い作品を集めてみました。
密室ミステリーの古典的名作から、奇想天外な密室トリックまで、挑戦したくなる謎にあふれたオススメの傑作ミステリーの13作品をご紹介します。

「屍人荘の殺人」今村昌弘

屍人荘の殺人

普通とは一味違ったミステリーをお探しの方におすすめしたい作品

定番ですが、初めて読んだときの衝撃でこれに勝るものはないと思い、こちらの作品を選ばせていただきました。
この作品を語る上で欠かせないものは、なんと言ってもミステリーサークルの作り方でしょう。初めて読んだときはその型破りのアイデアに度肝を抜かれたし、何よりそのミステリーサークルを利用した密室トリックがとても秀逸で、私には到底推理できませんでした。
序盤から衝撃展開なので、その後のことがすべてネタバレになってしまい、人におすすめしたいのに何も内容のことを喋れないということが本作の唯一の欠点でしょう(笑)。(20代男性)

「ポアロのクリスマス」アガサ・クリスティー

ポアロのクリスマス
《あらすじ》を見る

復讐の果て、惨劇のクリスマス

被害者は、非常に性格の悪い誰からも嫌われ者の老人です。完全なる密室、周りにいたのは全て敵であろうと言える状況で、いったい誰が犯人か?密室トリックの種は?クリスティには珍しい、血まみれスプラッタな描写ですが、それに反して古き良きクリスマスの描写がそこかしこに出てきて楽しいですね。個人の感想としては、密室トリックはちょっと奇想天外ですが、犯人の意外性は、さすがクリスティ!という感じです。(50代女性)

「モルグ街の殺人」エドガー・アラン・ポー

モルグ街の殺人

古典的な密室トリック作品

とあるアパートで殺人事件が起きたけど、窓には釘がうたれていて犯行者がいたとしても脱出出来ない密室状態になっています。それを探偵のデュパンが突き詰めて得くものとなります。古い作品で密室の事件としては古典的なものとなります。トリックについては意外性があるとはいえますが、聞けば単純なもので、ゆえにミステリーの奥深さが分かるお手本の一作ともいえます。(30代男性)

世界中の推理小説家も読んだはず

モルグ街のアパートで暮らす母と娘の両方が殺されてしまうという殺人事件が起こります。部屋の外で発見された母親の死体は首が切り落とされた状態で、娘は絞殺され部屋にある暖炉の煙突に逆さまにされた状態で詰め込まれているのが見つかります。部屋の入り口は施錠されたまま、窓は開けられないように釘が打たれている密室状態です。
謎めいたこの事件の予想もしないことが次々と起こる展開の巧さに一気に読み終えてしまえる短編小説です。密室トリックを扱った初の作品と言われているこの小説は推理小説ファンならずとも是非とも読んで欲しいお薦めの作品です。(50代女性)

「モルグ街の殺人」の関連テーマ

「モルグ街の美少年」西尾維新

モルグ街の美少年

密室の為だけに建てられた物件の展覧会へようこそ!

美少年シリーズという一連のシリーズの番外編に相当する作品ですが、単独でも楽しめます。
建築家が密室をテーマに建てた密室の建築物があり、その展覧会に足を運んだ美少年探偵団が、その謎に挑むといった内容。多様な密室が複数登場し、各密室毎に謎を解いていくので1冊で複数の密室を味わうかのような楽しみ方が出来ます。短めの文庫本なので、濃厚な密室モノが苦手な人には入門編として最適です。

「仮面山荘殺人事件」東野圭吾

仮面山荘殺人事件
《あらすじ》を見る

結末にビックリします!

東野圭吾さんの作品は密室トリックがとても多く使われていますが、その中でも仮面山荘殺人事件はストーリーが二転三転するのでハラハラ&ドキドキ感がかなりあります。この作品は登場人物がとても多いので最初は混乱しますが、それぞれが怪しく謎に満ちているのでキャラクター設定がとても面白いです。最後は信じられない結末にビックリします。読み終わるとすっきり感と高揚感が残り素晴らしい作品です。(40代女性)

「白馬山荘殺人事件」東野圭吾

白馬山荘殺人事件
《あらすじ》を見る

密室あり暗号ありの盛りだくさんミステリーです

東野先生の初期の作品です。兄の死の真相を探しに主人公がペンションに行きます。マザーグースの歌に隠された謎を探していく中で密室殺人に遭遇します。密室殺人の箇所もさることながら、この作品の面白いところは密室含めて謎が盛りだくさんなところです。真実は何だったのかを読みといていくにあたって飽きることなく一気に読みきれます。キャラクターも魅力的でオススメな小説です。(50代男性)

「46番目の密室」有栖川有栖

46番目の密室
《あらすじ》を見る

密室で殺された密室の巨匠の謎に、火村&アリスコンビが挑む!

密室を書くミステリー作家の巨匠が、自身の別荘の密室で殺害され、その謎を臨床犯罪学者の火村英生と推理作家のアリスが解き明かすストーリー。
著者の、現在まで長く続いている『火村&アリスシリーズ』の映えある第一作目だけあって、二人の関係性が感じられる会話のやり取りは必読。そして密室殺人で、登場人物たち(事件関係者)も推理作家がいるため、みんな怪しく見えてくる。なので、読者も推理しながら読むと楽しめるのでは。
ラスト、犯人の罪を犯した理由については賛否両論あるのかな?と感じる。個人的には『人間』が感じられて納得できるけれど、読む人によって印象は変わるかも。(40代女性)