インド映画の魅力!おすすめインド映画10選

おすすめのインド映画

インド映画の魅力がわかる、面白くておすすめのインド映画を集めてみました。
インドの映画は歌って踊ってそして長い、というイメージを持たれてる方も多いのではないかと思いますが、もはやそんなイメージは古くさく(ミュージカル風に歌って踊ったりすることは多いですが、歌わない映画もあります)、派手なアクションや笑えるコメディ映画、感動作まで多種多様な作品にあふれてます。
それも、インドでの年間映画制作数は約2000本(2016年、ちなみに日本は約600本)、映画市場は年間24億ドルを超える世界一の映画大国です。
インドは独自の風習があったりと、それもまたインド映画の魅力で、日本や欧米の映画とはひと味違う、インド映画をお楽しみください。

きっと、うまくいく

きっと、うまくいく
《あらすじ》を見る

エリート大学の3馬鹿トリオが巻き起こす青春コメディ

エリート大学を舞台に、新入生の3馬鹿トリオが巻き起こすドタバタ騒動を描いた今作。
インドの超学歴社会や、そのプレッシャーから自殺を選択する若者がいるというショッキングな社会問題にフォーカスを当てつつ、主人公の口癖である「きっと、うまくいく」を合言葉に、笑いあり、涙ありの極上エンターテイメントに仕上がっています。

170分と長めな上映時間ですが、テンポが物凄く良いのであっという間に見れてしまいます。伏線回収が鮮やかなのも見どころの一つです。序盤に学長がペンについて語るシーンがあるのですが、後々この展開に繋がるのか!となるシーンがあり、胸が熱くなりました。
まるで主人公たちと一緒に学校生活を過ごしたかのような気分になれて、とても楽しく鑑賞させて貰いました。元気になりたい時に見たい映画です。(30代女性)

バーフバリ 伝説誕生

バーフバリ 伝説誕生

<あらすじ>
赤ん坊の頃に滝で村人に拾われ育てられた青年シヴドゥ。彼は運命に導かれるように滝の上の世界に辿りつき、暴君が支配する王国と戦う女戦士と出会う。彼女とともに戦いに身を投じたシヴドゥは、自分がこの国の王子バーフバリであることを知る。

偉大な父と偉大な息子の物語

バーフバリシリーズです。友人にオススメされたのですが、見るときは2作品共に見ないと続きが気になるところで終わってしまいます。
政争に翻弄された父子の物語ですが、同じ役者さんが父親と成長した息子を演じているので、見ていてなんともややこしいです。物語が後半に進むと真面目な展開になっていくのですが、前半の主人公のストーカー行動には笑わせてもらいました。(30代女性)

バーフバリ2 王の凱旋

バーフバリ2 王の凱旋

<あらすじ>
マヒシュマティ王国の王に指名されたアマレンドラ・バーフバリは、クンタラ王国の姫デーヴァセーナと恋に落ちる。だが、従兄弟のバラーラデーヴァは邪悪な策略で王座を奪い取り、さらにバーフバリと幼いその息子の命をも奪おうとする…。それから25年、自らが伝説の王バーフバリの子であることを知った若き勇者シヴドゥは、マヘンドラ・バーフバリとして、暴君バラーラデーヴァに戦いを挑む!

インド人の熱い情熱と正義の伝わる物語

歴代、インド映画の興行収入の一位になった作品。
バーフバリシリーズは、この作品の前に「バーフバリ 伝説誕生」があり、こちらが第一話目になりますので、見られる方は「バーフバリ 伝説誕生」を先に観るのがお勧めです。
実はこの映画、Twitterで「すごい!」と押していた方がいらして、それならばと子供と二人、終了時間が終電間際というギリギリの時間帯でも、観戦決行してきました。
インド映画は初めてでしたが、Twitterの押しの方と同じで、「すごい!」です。
スケールがとても大きくて、画面いっぱいに飛び回る主人公に圧倒されます。女性もとても凛とした方が主人公の奥さん、お母さんで、豪華な衣装や舞台セットも見どころです。(50代女性)

パッドマン 5億人の女性を救った男

パッドマン 5億人の女性を救った男

愛する妻のために「生理用品」の開発に挑んだ男の実話

インドの小さな田舎の村で最愛の女性と結婚したラクシュミ。
幸せな新婚生活は、妻のガヤトリが生理になったことを境に一変していく。高価な海外製の生理用品が買えず、不衛生な布で生理期間を過ごす妻の姿を見たラクシュミは、安価な国産ナプキンの製造に励むが、村中から変態だと思われてしまう。

TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた実業家男性の実話を基にした映画です。
初潮が来たら盛大にお祝いするくせに、翌月からは不浄のものとして扱い、語ることすら許されない等と言う風習が2001年まで続いていたことにビックリしました。

原動力が妻への愛なのがとても微笑ましいと同時に、周りから変態呼ばわりされた時に彼女も世間体を気にして夫を非難していたところに、インドの悪しき風習の根深さを感じました。ですがハッピーエンドで終わることが分かっているので、終始安心して見ることができます。扱っている題材は女性の「生理用品」ですが、男女ともにオススメの映画です。(30代女性)

スタンリーのお弁当箱

スタンリーのお弁当箱
《あらすじ》を見る

貧しい男の子が周囲の助けを借りて学校にお弁当を持ってくるようになるまでの話

クラスの人気者のスタンリーは、お昼休みになるといつもどこかへ行ってしまう。
家庭の事情でお弁当がない彼は、水道水を飲んで空腹を凌いでいたのだった。そんなスタンリーの姿に気づいたクラスメイトたちは弁当のおかずを分けてあげていたが、意地悪な先生に見つかり、没収されてしまう。

インド映画と言えば、とにかく派手でよく踊っているイメージがあると思いますが、この映画は全く違います。学校という小さな世界の中で、子どもたち同士の友情や、そっと見守ってくれる大人たちの愛情に気づかせてくれます。
そして、劇中に出てくる個性豊かなお弁当の数々。あの子のお家は家が裕福だからお弁当が豪華なんだと一発でわかるような美味しそうなお弁当もあれば、クラッカー数枚だけという、スタンリーの水道水よりはマシだけれども、とても腹持ちしなさそうなお弁当もあったり…と、狭い教室の中でも格差社会を如実に感じました。
普段人気者ゆえにお弁当を持って来れないとは言わずに、「家で食べてくる」と嘘をついて教室を出ていくスタンリーの後ろ姿がとても印象的でした。派手な娯楽大作映画よりミニシアター系映画の方が好きな人に是非ともお勧めしたい作品です。(30代女性)

嫌な先生も最高の友達と一緒なら何とかなる

『スタンリーのお弁当箱』の主人公の少年スタンリーも家がとても貧しく、学校にお弁当を持ってくることができません。お昼は水で空腹をごまかす姿がとても痛々しかったです。
友達から分けてもらう各お弁当もインドらしいお弁当でとてもおいしそうに見えるのでカレーが食べたくなります。子役の子たちが本当に自然な演技をしていてとてもいいです。
現在日本でも経済格差が広がり子供の貧困が問題になっています。社会問題を子供の目線で描かれている作品でもあると思うので、ぜひ一度ご視聴してみてください。(30代女性)

マダム・イン・ニューヨーク

マダム・イン・ニューヨーク
《あらすじ》を見る

主婦が自信と誇りを取り戻していく物語

英語が苦手で家族から馬鹿にされていたインド人主婦が、あることをきっかけにニューヨークの語学学校に通い始めたことで自信と誇りを取り戻していく物語です。
英語が話せない為に真面目だけどれどこか自信がなく、ニューヨークでも恥をかいてしまう主人公が、語学学校をきっかけに英語が上手くなって自信を取り戻し、輝いていく様子は応援したくなるし感動します。
観終わったら、自分も何かに挑戦したい!という気持ちになります。(30代女性)

RRR

RRR
《あらすじ》を見る

壮大な火と水の闘いの物語

バーフバリシリーズのラージャマウリ監督の最新作です。
部族の住む村から連れ去られた妹を探すビームと、そのビーム一味を追う警察官ラージュがお互いの正体を知らずに知り合い、熱い友情を培っていきます。
闘いあり、涙あり、アクションありの激動のエンターテイメントで、3時間ありますがその時間を全く感じさせません。
インド映画らしいダンス場面もおもしろく爽快で好きです。インド映画初心者にもおすすめできる作品です。(20代女性)

今までにない斬新なアクションシーンが楽しめる作品

この作品の一番の見どころといえば、今まで見たことがないようなフレッシュすぎるアクションシーンがたくさん詰まっているところです。あまりにも凄すぎるのとアイデアが斬新すぎるということで、思わず笑ってしまいそうになるときもありました。ストーリーも熱い友情をメインテーマとした感動的な物語で、最後までかなり楽しむことができました。(20代男性)

バルフィ!人生に唄えば

バルフィ!人生に唄えば
《あらすじ》を見る

心を届けるのに言葉はなくても大丈夫!

生まれつき耳が聞こえず、話もできない主人公の表現力が豊かで、心躍るような展開に胸がワクワクしました。障害を悲観するものでなく、自分の生きる道を見つけている主人公に学ばされることが多く、どんな人であっても誰かを幸せにしたり、感情を揺さぶることができるのだと学びました。
バリアフリーとは何であるのか。考え方次第で障害も障害でなくなる。など、世界共通している課題を大きく前進させてくれる作品です。(30代女性)

めぐり逢わせのお弁当

めぐり逢わせのお弁当
《あらすじ》を見る

がんばりすぎて疲れた男女の恋物語

家庭で作ったお弁当を会社で働く夫に届けるというのはインド独特の習慣で、未だにその仕事が存在していて、またそのお弁当の数もすごいことに驚かされました。こんなに数があったら絶対間違いとか起こりそうと思っていたら案の定配達間違いが起こり、そこから物語が進んでいきます。エンディングは観た人にまかせられたような終わり方で、インド映画では珍しいタイプかなと思いました。(50代女性)

新しい一歩を踏み出す女性の物語

全く異なる環境に暮らしている、会ったことも話したこともない2人の男女がふとしたことから交流を持つようになり、やがてお互いの人生に大きな影響を与えるという、大人の切ないラブストーリーです。余韻を与えるラストシーンもまた切ないです。
日本とは全く異なるインドのお弁当事情が知れる、というのもこの映画の面白い点です。(40代女性)

バジュランギおじさんと、小さな迷子

バジュランギおじさんと、小さな迷子

<あらすじ>
底抜けにお人好しなインド人青年と、声を出せないパキスタンからの迷子の少女の二人旅を通して描かれる、国や宗教、人間愛についてのメッセージに誰もが感動! 全世界を笑いと涙に包んだ大ヒット作!

国境を超えた人間愛とは

私の感覚で面白いというか、感動したのはこの映画です。私は人にあまり優しくはない人間ですが、主人公のパワンのように他人を思いやる心を持っていれば、きっと人を幸せにしていたんだろうなと思ってしまいます。また日本ではあまりインドやパキスタンをよく思っていない人がたくさんいると思いますが、この映画を見てインドとパキスタンを結ぶ人々の素晴らしい友情、国境や文化の違いを超えた人間愛というものがわかるのではないでしょうか。(50代男性)

世界の映画