雅な平安時代が舞台の傑作漫画9選

2022年4月5日

平安時代が舞台の傑作マンガ

平安時代が舞台となっている漫画を集めました。雅な平安貴族たちの熱い恋愛模様から、どたばた平安コメディまで、現代とは異なる常識の平安時代を楽しめます。歴史や古典の勉強にもなるかも!?

「超訳百人一首 うた恋い」杉田圭

超訳百人一首 うた恋い
《あらすじ》を見る

だれもが知っている百人一首の裏側

百人一首の有名な歌が、どのように詠まれた句なのかを超訳した作品で、個性豊かな登場人物の恋模様が本当におもしろいです。笑いあり、切ない場面もあり、勉強になるしおもしろいです。
身分や境遇の違いがあり、今のようにメールや電話で簡単に連絡もとれない時代だからこその葛藤がありありと描かれていて、とても面白い作品です。(20代女性)

百人一首の恋の歌を視覚的に楽しむことが出来る物語

有名な百人一首を題材にしています。百人一首の中には、恋をテーマに歌ったものが多く含まれます。平安の世にも現代でも、若者を夢中にさせるのは恋です。歌にすれば表現としての読み取りが難しいところですが、それをポップなキャラクターに起こして展開させれば分かりやすくなります。
そうして視覚的に百人一首の内容を理解しやすくしたところに面白みがあります。ドキドキする物もあれば、時にブラックな雰囲気の恋の物語も見れて面白いです。同じ恋でも人によってそれぞれ違ったものがあることがわかります。(30代男性)

「あさきゆめみし」大和和紀

あさきゆめみし

平安時代の雅な恋物語

はいからさんが通るで有名な大和和紀さんが源氏物語を漫画化したものです。高校の古文の授業で源氏物語を学びましたが、難解で退屈なものでした。でもこの漫画を読むと実に雅で美しい物語だなと鮮やかにイメージすることができました。ついでに古文のテストで良い点がとれて成績があがりました。源氏物語は世界最古の長編恋愛小説と呼ばれているそうなので、一度は読んでみることをお勧めします。(50代女性)

平安の美しい恋愛模様

昔の難しい古語を理解できるように表現しているので、誰でも意味が通じて読みやすいです。平安時代の服装、束帯や十二単が繊細に美しく描かれていて、寝殿造の住まいの様子もわかり時代劇をみるように楽しめます。不倫やいけない恋愛もでてくるのですが、なぜかふしだらに思わせない描写で描かれていて、その綺麗さに魅了されてしまいます。(40代女性)

「いいね!光源氏くん」えすとえむ

いいね!光源氏くん
《あらすじ》を見る

一味違うタイムスリップ平安漫画

古典好きな人はもちろんですが、歴史が苦手な人も十分に楽しめます。感動すると和歌を読んだり、フラペチーノ好きだったり、SNSを使いこなしてしまったり。タイムスリップして現代に来た光源氏が巻き起こす騒動がとても面白いです。出てくる登場人物のキャラクターがとにかく可愛過ぎます。果たして、元の世界に戻れるのか?(30代女性)

「とりかえ・ばや」さいとうちほ

とりかえ・ばや
《あらすじ》を見る

運命に翻弄される双子の話。

古典のとりかえばやをアレンジしたストーリーです。双子の姫王子様宮廷に入り、いろいろな事件、愛憎劇に巻き込まれながらも成長していくストーリーです。とくに男子として育った姫の過酷すぎる運命は涙なしでは読めません。キャラそれぞれの思いもあって単純ではないところが読む人間も惹きつけるので、少女マンガですが、是非男性にも読んでほしい。(40代女性)

「なんて素敵にジャパネスク」山内直美(原作:氷室冴子)

なんて素敵にジャパネスク

恋も人生も自分で決める!ぶっとび平安ラブストーリー

時は平安、名家の生れでありながら「変わり者」と陰口をたたかれる浮世離れした瑠璃姫。その幼馴染である藤原隆彬、そして瑠璃姫の初恋の人「吉野君」を中心に物語は進んでいきます。瑠璃姫16歳、高彬15歳。年下ブームってここから始まったんじゃないでしょうか?とにかくぶっ飛んでる(当時としては)おてんば姫を一途に思い続ける高彬ってカワイイ!しかしミステリアスな吉野君も捨てがたい…と当時の私は思ったものです。華麗な平安絵巻でもあり、当時の文化や和歌の勉強にもなると思います。読み始めたら一気読みしちゃうこと間違いなしの痛快ラブストーリーです。(40代女性)

おてんば娘の平安痛快ラブコメディー

平安時代を舞台に、主人公は貴族である内大臣家のおてんば娘の瑠璃姫。自身の結婚問題によって巻き起こる様々な事件やハプニング、そして貴族社会の東宮、帝即位問題に関わる政治陰謀事件を主人公の瑠璃姫が解決していくラブコメディーマンガ。当時の社会風俗がわかりやすく読めることから古典書の入門としても読める作品です。(50代女性)

「陰陽師」岡野玲子(原作:夢枕獏)

陰陽師

ファンタジーに寄りすぎない陰陽師という生業

平安時代に実在した安倍晴明を主人公として、友人である源博雅と共に様々な事象を解決していくエピソードが綴られています。
映画化もされた夢枕獏による小説を原作としていますが、陰陽師というオカルト的な存在をテーマとしておきながら派手なアクションもなく、ファンタジーに寄りすぎていないところが魅力的です。
映画版などではそういった要素も見受けられますが、岡野玲子の手による本作は神秘的な要素よりも現実に即した実存的なアプローチが多く、もちろんファンタジー的な描写もありはしますが、平安時代に生きていた陰陽師が実際にどういうものであったのか、想像力を掻き立てられます。(30代男性)

平安時代の風習も分かる

夢枕獏原作の陰陽師が原作の少女漫画。天皇の孫で、楽器の名手である源博雅主眼で、安倍晴明と、陰陽とのやりとりなどを描かれているストーリー。基本は夢枕獏の原作だが、宇治拾遺物語がモチーフになっている。岡野玲子さんならではの華麗な絵柄と、平安時代ならではの習慣や考え方が良く分かる、勉強にもなるマンガ。(30代女性)            

「応天の門」灰原薬

応天の門
《あらすじ》を見る

引きこもり学生と色男の怪奇事件譚

平安京を舞台とし主人公は引きこもりがちな学生の菅原道真と噂の絶えない色男の在原業平と京で起こる不思議な事件を解決する物語なのですが、菅原道真の知識と在原業平の人脈で謎を解いていくのと年齢差がある2人が徐々に仲良くなっていく様も事件ばかりで重い内容が続く中で息抜きができます。
ただ主人公はまだ学生でありながら在原をはじめ貴族と関わっていくにつれ派閥や貴族ならではの問題に当たることになっていくのがその時代背景がわかって見ごたえがあります。(20代女性)

「清少納言と申します」PEACH-PIT

清少納言と申します
《あらすじ》を見る

清少納言♂が紡ぎ出す異色の平安ドラマ

「ローゼンメイデン」「しゅごキャラ」などで知られるPEACH-PIT先生の新境地。主人公は才色兼備でいつもまっすぐ、でもちょっと毒舌な「なぎ子」。橘則光はそんな彼女に一目惚れ。彼女は後の清少納言なのですが、実は秘密があって…なんと男性なのです!そんななぎ子の周りで起こる様々な出来事を描く雅な物語。則光となぎ子の関係はどうなるのか、藤原道長、定子などの平安時代を代表する重要人物の活躍など、一風変わった平安物語に目が離せません。(20代女性)

「ざ・ちぇんじ!」原作:氷室冴子 作画:山内直実

ざ・ちぇんじ!

《あらすじ》
時代は平安、若君&姫君が入れ替わった妹弟を描く古典の名作「とりかえばや物語」を新しい視点で解釈した山内&氷室コンビによる傑作!!

明るく楽しい「とりかえばや物語」

平安貴族の双子の姉弟が入れ替わって生活する氷室冴子原作のコメディ漫画です。男として生活する姉君は元気で活発、それに対してか弱い弟君とベタな設定ではありますがそこがまた楽しく、キュートな二人を応援したくなります。姉君の男女間の営みに無知であるがゆえの勘違いや、入れ替わりを隠すためのでまかせなど、とても面白くて、時代物が苦手な人でもするすると読めます。(40代女性)