爆笑必至のコメディ洋画。オススメ14選

2022年5月24日

とにかく笑えるコメディ洋画

とにかく笑いたという時にオススメのコメディ洋画。洋画ならではの濃いアメリカンジョーク満載の作品から、クスッと笑えて心が温かくなるさくまで、14作品をご紹介します。

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

次に何が起こるか分からない爆笑のバチェラーパーティー

結婚式を間近に控えた新郎とその親友と義弟。彼らは独身最後の夜を同性の友人で過ごすバチェラーパーティーを計画し、式の前夜にラスベガスで遊び倒す。最高級のスイートでお酒を飲みながら、4人は友情を確かめ合ったのだった…。ここで終われたらなにもなくハッピーエンドなのですが、ここからが大変なのです。

翌朝、男達が目を覚ますと部屋は大荒れ、なぜかトラと見知らぬ赤ちゃんもいる。そして新郎の姿が消えていた…!結婚式までの限られた時間で、3人は無事新郎を見つけて会場に辿り着くことができるのか?というドタバタコメディです。

朧げな記憶と部屋の痕跡を頼りに、時系列を遡っていくのですが、行った先でもありえないことが連発します。それでもなぜか最後まで見ていくと筋が通っていて面白い!不思議な映画です。
最も面白いのがエンドロールです。ネタバレになってしまうので詳しくは控えますが、エンドロールが本編と言っても過言ではないくらい面白いので最後までみてほしいです。(30代女性)

結婚前夜にハメを外し過ぎた男達

明日に結婚式を控えた新郎を含む男友達4人組が式前夜のパーティ後に記憶を失い、行方不明となった新郎を探すというストーリー。
前半は割と落ち着いた雰囲気で「ああ、現実ってこういうものだよな」という感じで進んでいくんですが、とにかく、ラスベガスに着いてからの展開が早い・おかしい!
「なぜそうなる!?」と思わず口に出てしまうこと間違いなしです!(30代女性)

21ジャンプストリート

21ジャンプストリート
《あらすじ》を見る

巧みな脚本に感嘆する映画!

高校時代、イケてなかったシュミットが警察官になり、高校に潜入捜査すると、今度はイケてる高校生になってしまうという話なんですが、生徒たちだけではなく先生たちも個性豊か過ぎて笑ってしまいます。また、シュミットの警官としての上司、ディクソン警部がいるのですが、彼の無言の演技に爆笑してしまいました。終始、テンションの高い作品なので、とても明るい気持ちになれます!(20代男性)

マスク

マスク
《あらすじ》を見る

アニメと現実世界がごちゃまぜになったような作品

この映画の笑えるところは、主人公が緑色のマスクをつけたときに変身して、アニメキャラクターような動きや表情を見せてくれるところです。現実世界のアニメがごちゃ混ぜになったような、不思議な感覚を味わえる作品です。さらに時分の飼い犬や敵のボスもマスクを被って変身したり、ハチャメチャな展開が最後まで続くので面白かったです。(20代男性)

ギャグまんがをそのまま実写化したような映画作品

ギャグまんがをそのまま実写化したような、笑える映画作品です。
気弱な主人公があるマスクをつけたことにより豹変した姿になるのですが、その姿自体ももちろん、行動もおもしろいです。
例えば、ドキドキ感を表現するため、ハートが胸から飛び出しそうになったり、驚きで眼球が飛び出したり。
おちゃめで、感情表現豊かな主人公が、とても笑えます。(30代女性)

「マスク」の関連テーマ

キック・アス

キック・アス
《あらすじ》を見る

ヒーローに憧れるオタク少年の成長物語

キックアスは主人公のヒーローに憧れている少年と、本物のヒーロー(殺し屋)の少女とその周囲のふれあいを描いた映画なのですが、まず主人公のオタクっぷりと、母親が死んでからの振り切れっぷり(Amazonでヒーローグッズを頼む)、そして不良に返り討ちにされての入院時、学校内でえげつない噂を流されていたのがとてもリアルすぎて笑えました。(30代女性)

シャザム!

シャザム!
《あらすじ》を見る

仲間がいれば、最後に正義は必ず勝つ!という成長物語

孤児の少年が、いきなり大人の姿のヒーローになってしまう物語です。アメコミ好きの子供なら一度は憧れるヒーローですが、主人公は全く興味がないタイプで、同じ引き取り先ホームの友達に教えてもらいながら、なんとかやっていこうとします。見た目は屈強なヒーローでも中身は少年なので、基本的にはふざけてて、ツッコミどころ満載です。でも周りに支えられ、悪と戦うために成長していくという王道のクスッと笑わせる成長物語です。(30代女性)

なんちゃって家族

なんちゃって家族

偽物家族の謎の一体感が面白い

タイトルのとおり、本当の家族ではない、問題を抱えたメンバーがある目的を達成するために、家族を装って一緒に行動します。家族ではないメンバーですから、行き違いがあったりして話が絶妙に噛み合わないところや、家族ぶって行動する中で起こるハプニングへの謎の連帯感などの不自然な関係がとにかく面白いです。コメディ映画なのでとにかく笑いました。家族ぶっていただけなのに、不思議な情が湧いてきたりして家族のようになってくる感じもあり、絶妙なちぐはぐさが面白い映画です。(30代女性)

ホーム・アローン

ホーム・アローン
《あらすじ》を見る

ずる賢い一面が大活躍。

主人公の少年ケビンのずる賢い一面が実に良い味を出している作品です。本来ならば、全く褒められたものでは無いそれが、悪しき行いを平然と繰り返す泥棒野郎たちには効果てきめんとあって、見ていて痛快としか言いようがありません。まんまと引っかかっる滑稽さに笑いが込み上げる一方、ケビンの考える仕掛けの巧みさに大変感心させられます。(20代女性)