「モーニング」オススメの人気漫画10選

2022年5月13日

「モーニング」オススメ漫画

「モーニング」は講談社が発行している週刊の青年漫画雑誌です。その「モーニング」に現在連載中の人気作品から歴代の面白オススメ作品まで10作品をご紹介します。

「GIANT KILLING」作画:ツジトモ 原作:綱本将也

GIANT KILLING
《あらすじ》を見る

新しい視点のサッカー漫画

男性
30代男性

サッカー漫画ですが、監督を中心とした視点でストーリーが進んでいきます。この漫画では個人の能力だけでなく、如何に戦略で強い相手に勝つか、ということに引き込まれるます。漫画のタイトルのように番狂わせがあり、読者をハラハラさせます。また、監督とコミュニケーションをとることで成長するキャラクターにも注目して読むと面白いです。

男性
30代男性

ジャイアントキリングは主人公達海猛率いるイーストトーキョーユナイテッドがJリーグのチャンピオンを目指して、シーズンを戦う様子を選手、スタッフ、サポーター、メディアさまざまな視点で描く現代版Jリーグ漫画と言える作品です。選手以外のクラブマネジメントの要素を多く盛り込んでおり、さらに歴代日本サッカー選手をモチーフにしたキャラクターも多いので、サッカーファン、Jリーグファンは楽しめる内容になっています。現在60巻でシーズンをぎっしり描いてくれているので見応え十分です。

「GIANT KILLING」関連テーマ

「きのう何食べた?」よしながふみ

きのう何食べた?

「料理」も「人間」も好きになる完成度の高い傑作

男性
40代男性

几帳面な弁護士のシロさんと、人当たりの良い美容師のケンジのゲイのカップルの生活を描いた作品です。ゲイカップルがゆえの、抱えている問題や、家族とどう向き合っていくかなどの人間模様を中心に丁寧に描かれていますが、料理をするシーンも入っていてグルメ漫画としても楽しめる作品です。レシピ自体も家庭でいつでも簡単に美味しく作れる料理が紹介されていて、読んだあとは大切な誰かとご飯が食べたくなります。

女性
30代女性

今日の晩御飯は何にしよう?という働き始めて考えることが多くなるこのトピックですが、自炊をし始めたり、またはもうすでに長年やってきている人でもとても楽しめる漫画となっています。物語を読む、というよりもレシピに絡めて話を進めていく感じなので、「話に集中できない」と言う人でも全く問題のない漫画だと思います。繊細な絵と「これを食べてみたい」というレシピに必ず痺れるはずです。

「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」泰三子

ハコヅメ~交番女子の逆襲~

元交番女子が描くリアルな女性警察官視点のバディ漫画

女性
30代女性

激務に追われて仕事を辞めたがっている新米女性警察官の河合。彼女が勤める交番に、刑事課の凄腕美人警察官の藤部長が配属され、二人はバディを組むこととなる─。
交番勤務の女性警察官の日常をほのぼのギャグテイストで描く本作。作者が10年警察官として働いていただけあって、職務中の女性警官のトイレ事情等、絶対に現場にいる人にしか描けない視点が出てくるのがとても面白いです。こんなに大変なお仕事をされている全国の警察官の方には本当に頭が下がる思いでいっぱいです、と思いながら楽しく読ませてもらっています。扱っている題材が警察官なので、シリアスな内容の回も多々あるのですが、絶妙なギャグの入り方によって重くなりすぎないのもこの作品の魅力の一つです。

男性
30代男性

交番勤めの婦人警官の日常を描くお仕事系漫画になっています。男社会の中で凶悪な犯罪者から小物までを相手にしっかり活躍する姿を見ることが出来ます。可愛い女子がメインに描かれるけど、客員はしっかりと心を強く持って責務をまっとうしているのが分かる点に清さがあります。若手の河合とやり手の美人警官の藤のデコボココンビが見せるユーモアある駆け引きが楽しみます。警察官の仕事内容を詳しく伝える中にブラックジョークもこめた展開は独自の魅力があって良いです。

「えんまさんちのケルベロス」リベンセイ

えんまさんちのケルベロス
《あらすじ》を見る

ほのぼのとしたやり取りを楽しめる平和な作品

男性
20代男性

出てくるキャラクターは閻魔様や地獄の番犬・ケルベロスなど恐ろしい存在ばかりなのに、絵柄がとても可愛くて内容もほのぼのしているというギャップが満載の作品です。ケルベロスはもはや普通の可愛らしいワンちゃんにしか見えなくて、動物系の癒しマンガを読んでいるかのような気分になります。特に事件も起こらないけれど、この二人のやり取りをずっと見ているだけで楽しめる作品です。

「シマシマ」山崎沙也夏

シマシマ
《あらすじ》を見る

抱かれたいわけじゃない、ただそばにいてほしいだけ

女性
40代女性

自分で眠れないほど疲れた女性に添い寝する「添い寝屋」。出てくる男の子達が本当に可愛くて魅力的。読んだら絶対お気に入りの男子が見つかるはず。実在するんでしょうかね、こんな完璧男子たち。しかし、恋愛感情すらあっさりしている平成男子。おばさんにはちょっと物足りないかな。どんなに眠れなくても朝はくるし、誰かに支えてもらわなくても眠れるようになる。今は辛くても読んだら一歩踏み出そうと思える名作です。

「リエゾン-こどものこころ診療所-」漫画:ヨンチャン 原作:竹村優作

リエゾン-こどものこころ診療所-
《あらすじ》を見る

優しくて厳しい、そっと寄り添ってくれる物語

女性
20代女性

子どもの「心の病」を扱った漫画ですが、それは子どもだけの問題(当事者だけの問題)ではないんだよ、とそっと教えてくれる漫画です。問題を抱えた子どもだけでなく、その家族のこともそっと支えるような漫画ですが、ただ感動するだけではなく、周囲の人たちはどうすればいいのか、そもそも何を持って「解決」というのか、毎回考えさせられます。
また、主人公の志保も発達障害があり、読んでいて苦しくなるくらいまっすぐに当事者として抱えている問題やもどかしさが描かれていて、発達障害がない人でも、この苦しさから感じるものや学ぶことがあると思います。ページをめくる手が止まらないというのとは少し違う静かなストーリー展開ですが、ドキッと心を抉ってくるような、思わずページをめくる手を止めて考え込んでしまうような、ズシンと響いてくる漫画です。

「鬼灯の冷徹」江口夏実

鬼灯の冷徹

地獄のゆるやかお仕事漫画

女性
30代女性

悪事をした死者の行く先である地獄、犯罪の多様化からますます煩雑になる地獄の業務ですが、とまどう閻魔大王の影でなんなく仕事をさばくのが第一補佐官・鬼灯。
人にとっては地獄ですが、鬼である鬼灯たちにとっては日常の風景。金棒や血の池地獄、もだえる罪人を尻目に冷徹に仕事をこなす鬼灯とその仲間たちの、意外と楽しそうな日常を描いた作品です。

「聖☆おにいさん」中村光

聖☆おにいさん

聖人の共同作業で人間界に奇跡を起こす物語

女性
20代女性

ざっくり言うとイエスとブッダが下界でバカンスという名の人間貝の日常を体験する話です。異なる宗教の共同作業で生活を送るのですが、個性あり、笑いあり、しんみりあり、心がほっこりするストーリー満載で読んでいるうちに優しい気持ちになれる漫画です。
各宗教で出てくる登場人物(イエスならペトロさん他大天使4人組など、ブッダならガンダーラ他イケメンなアナンダなど)もガッツリ登場します。聖書などで悪とされる役もお茶目で可愛く描かれていて全体的に楽しく読めると思います。
舞台は東京の立川にある少し古めのアパートです。真面目で節約上手なブッダ(ある意味母役)そして、オシャレで興味津々ですぐ手を出しちゃうイエスの時々(かなり)奇跡を起こす物語です。キャラクターは聖人だけでなく、立川のアパートに住む住人も魅力的です。是非注目してみてください。個人的にはイエスのパパが一番好きです。

「聖☆おにいさん」関連テーマ

「グラゼニ」漫画:足立金太郎 原作:森高夕次

グラゼニ
《あらすじ》を見る

中継ぎピッチャーのサバイバル

男性
50代男性

現在、major編まで続いているロングラン連載マンガです。突出した能力がない中継ぎピッチャーが活躍していく様を描いていますが面白いのは如何にして大活躍するかという視点で書かれていない点です。二軍落ち、自由契約の恐怖と戦いながら年棒を上げるたまに四苦八苦の努力をしていくという様がとてつもなく楽しめます。奥さんを捕まえる過程のストーリーは中継ぎピッチャーの生きざまが如実に表れてます。

「グラゼニ」関連テーマ

「クッキングパパ」うえやまとち

クッキングパパ

作っておいしい、グルメマンガです。

男性
20代男性

作品に出てくる料理を、実際に作ることができる、グルメマンガです。このマンガは、すごいです。なんと、マンガの中に料理のレシピが、書いてあり、実際に作ることができます。このマンガの単行本が、あれば、レシピ本いらずです。料理のレシピは、作者の人が、実際に作ってみたレシピが、のっているそうです。外国の料理や、ちょっと変わった料理など、マンガを読んでいると作ってみたくなる料理が、多く登場しています。

「クッキングパパ」関連テーマ